10万円以内で利回り4%以上の気になっている銘柄。

昨日、6904原田工業が+3.8%も上がりました。

売ろうかな~と迷っていたのですが、みるみる上げていき、「どうしよう、まだ上がるかな」と思っているうちに相場終了。

あるあるです。

さて、昨日は四季報をパラパラしていて、気になる銘柄を3つ見つけました。10万円以下で買えること、配当利回りは4%をこえることを条件にしています。

しばらくチェックしつつ、買い時を見極めたいと思います。

1898世紀東急工業

四季報によれば、予想配当利回りが4.6%。高いです。予想の利回りですし、過去の実績を見ると、安定的にこの利回りというわけではないのがネックですが、気になります。

PERも10以下、PBRも1を切っています。

値段は6万円台で手が届く範囲です。

ただ、私は建築の銘柄を比較的多く持っているので、また増やしてしまうのもリスクかなと思い、検討しています。

1929日特建設

上記と同じ理由です。予想配当利回りは4.05%。世紀東急工業と比較すると、割安感は見劣りしますが、値段は6万円台です。

例によってまたもや建築業界…。少子高齢化・人口減少・家余りの時代と言われているのに、建築業界ってどうなんだろうと思いつつ、高い配当金がもらえるのなら、と目がくらみます。

なにより手が出しやすい株価が魅力。

2674ハードオフコーポレーション

8万円台に値下がりしています。配当利回りは4.3%で目を引きます。

そして、もうひとつ目を引くのが、有利子負債が0ということ。「もしも何かがあったとき」の安心感がちょっと違います。

全体的に株価が下がっているのが気がかりです。

「四季報パラパラ」で見つけた、10万円以下で買えそうな4%以上の高利回り銘柄は以上です。チェックしていきます。

last



スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
↑いつも参考にさせてもらっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 1898世紀東急工業は道路舗装メインの企業なので今後も需要があると考えています。また新興国にも進出しているのでそちらも注目ですね。

    1929日特建設は環境・防災が主力の企業ですね。麻生グループということで倒産の可能性は限りなく低いと感じています。

    2674ハードオフコーポレーションは特に説明は要りませんね(笑)記事にあるように有利子負債0は安心材料だと思います。

    私は3銘柄ともに保有していますがどれも含み損です。今の株価水準なら大けがしないような気もしますね。

    株ってこうやって選んでいるときが楽しいですね(^^)/

    • ぺこり より:

      クロスパールさん、おはようございます。

      ええっ!すべて保有されているんですか!!びっくりしました。
      私がほしいな〜と思って記載した銘柄を持っていらっしゃるなんて驚きましたし、
      なんだか嬉しかったです^^

      そして、企業の情報も勉強になります。
      「麻生グループ」とか「なるほど〜」と発見です。

      本当にこうやって株を選んでいるときって、ワクワクしますよね。
      ありがとうございます^^