郵便局の言いなりになって200万円も投資できる友人。

仲良しの友人(専業主婦)がいるのですが、先日話していてびっくりしました。

「郵便局の人に、投資信託というのをすすめてもらって、200万円投資した」というのです。

200万円!

「私は自分で投資にチャレンジできる気がしないので、郵便局の人がおすすめするものをそのまま買ったよ」というのです。

びっくり!

聞けば、200万円を1つの投資信託につぎ込んだ様子。

「ゆうちょの口座に置いておくだけでは、なんのうまみもないということで、買ってみたよ」ということでした。

確かにそうですが、手数料とか、利回りとか、大丈夫なのかなと心配しています。

私は、投資信託は買っていません。

投資信託を選ばない理由は、

・自分で銘柄を選びたいから

というものが最も大きな理由として挙げられます。

次に、

・プロが運用するとはいえ必ず利益が出る確証がない

というものがあります。

自分で銘柄選びをした場合、仮に失敗しても、自分で選んだのだから納得が行くのではないか、失敗も勉強になるのではないか、という思いがあるからです。

それから、

・株主優待がない

・手数料がかさむ

という点もデメリットに映ります。

もしかしたら、株主優待のある投資信託や、手数料がかからない投資信託もたくさんあるのかもしれませんが、個別銘柄のほうが圧倒的に株主優待は多いですし、手数料も工夫すれば減らせます。

手数料については、プロに運用をお願いするのだから、お金を払うのは当然といえば当然です。

ですが、平たく言うとその人へ払う人件費です。この点は私にとってはかなり大きなデメリットです。

心が素直なこの友人は「あまりに熱心に話をしてもらえたので、200万円預けたけど、よかったのかな〜」と気にしており、今後の結果を私も心配しています。でも、何も行動しないよりはいいのかな…。

last



スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
↑いつも参考にさせてもらっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする