株資金のいちばん簡単な貯め方。具体的なやり方。

株の軍資金を貯めるために、一番簡単で確実な貯金方法は、先取り貯金だとわかりました。

今は、毎月がんばって5万円、コツコツと先取り貯金をしています。

もっと早くからこの方法をやっておけばよかったです。でも、「何もはじめない」ことよりも確実にお金が貯まっていくので、これからも実践していこうと思っています。

さて、以前から「先取り貯金」という言葉を耳にしたことはありましたが、具体的なやり方がわかりませんでした。

というわけで、 具体的なやり方・手続きを記録しておこうと思います。

1、まず口座のある銀行へ平日に行きます。

私の場合は地域のよくある普通の銀行です。平日に、印鑑と身分証明を持っていきます。

2、窓口の店員さんに「自動積み立て貯金をはじめたいのですが」と言います。

銀行に行って、「毎月○万円、自動積み立て貯金をはじめたいのですが」と伝えます。

すると、必ずこう尋ねられると思います。

「何のための貯金ですか?」と。



3、工夫をしながら質問に答える

ここで正直に「趣味でやっている株の軍資金を貯めたいからです」と回答するといけません。私は正直に言ってしまったことがあるのですが、その結果「外貨建て保険商品」や「投資信託」や「年金のために積み立てる保険」などなどの紹介を受けました。

最近は銀行も金融商品(保険とか運用とかの商品)を売ることに力を注いでいるようです。

4、投資や保険の勧誘を断ります。

お互い時間の無駄です。

できる限り、話をしてくれる人に対しては誠意をもって聞くようにしているので、一通り聞きましたが、やはり「株の軍資金を貯めたい」という目的がある私にとっては、不要な説明でした。

「家具を買うために貯金したい」とか「車を買うために貯めたい」とか返答するといいと思いました。


5、自動積み立ての書類を書きます。

ここまで来たらもう一歩。やっと窓口の人が差し出してくれた1枚の申し込み用紙に、必要事項を記入し、押印して手渡すだけです。

住所や氏名以外には、毎月何日に引き落とすか毎月いくら引き落とすか、くらいのことを考えて書くだけです。あっという間です。

毎月何日に引き落とすかについては、給与振り込みのある人はその翌日とかがおすすめだということです。(引き落とせないということを避けることができるからです。)

毎月いくら引き落とすかについては、ちょっとだけ厳しいくらいの設定がよいと思いました。私のようにどんぶり勘定でずぼらな性格の者にとっては、その引き落とし額を「最初からなかったもの」として扱えるので、おすすめです。

意外に厳しく金額を設定しても、なんとかなると思いました。

こんな感じで毎月5万円、こつこつと軍資金を貯めています。先日30万円増資したところですので、また30万円くらい貯まったら、増資していきたいと思います。

last



スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
↑いつも参考にさせてもらっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする