「良い自治体」を選んで住むことの価値。

みんながそんなに希望通りに居住地を選べるわけではないと思います。

ですが、仮に自由に選ぶことができるのであれば、やはり「住民サービスにちゃんと力を入れている自治体」を選んで住みたいと思います。

こう思う理由は、私は、社会人になってからこれまで多くの土地を転々としてきたからです。

転勤のためです。

自分が選ぶ選択肢もなく転勤となって、いくつかの地域に住んできましたが、やはり自治体のサービスには圧倒的な差がありました

意外にも目立たない片田舎の地域がとても住みやすかったり、

賃貸サイトで「人気のエリアNO.1」と言われる場所がすごく殺伐としていたりと、

こうも違うのかと驚かされました。

住んでみて、自分で体感しないと分からないものだなと思います。

住民サービスは、税金で成り立っているものだからこそ、より良い自治体に住みたいです。

お子さんのいらっしゃる家庭であれば、子育て関連(健康診断とか医療費無料制度とか児童館の整備状況とか通学の安全性とか)のサービスも、生活に密着していると思います。

介護の必要な人がいる家庭であれば、介護や医療関連のサービスの質も、生活の満足度に大きく影響すると思います。

小さな話で言えば、

ゴミの収集は家の前まで来てくれるのか(私の田舎は、集積所まで持っていかねばなりませんでした。しかも、ゴミ袋に氏名を書かねばなりませんでした…)とか、

防犯の取り組みをしているか、とか、

目立たないけれども、生活の安心感につながる施策をきちんとやっている自治体というのは、そこに住んでいる人たちも、皆落ち着いていて、安心できる人が多かったです。

逆に「ここはなんだか変な自治体だな」と思った地域では、

私が道を歩いているところ、酔っぱらったおじさんが自転車でぶつかってこられ、お詫びの一言もなく、過ぎ去っていく、というようなことが、たまにではない頻度でありました。

引っ越しました。

last



スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
↑いつも参考にさせてもらっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする